コピー機レンタルにかかる費用は定額なの?

コピー機をレンタルで利用することの大きなメリットとなるのが「コピー機の利用にかかる費用を毎月一定額にできる」ということです。毎月ある程度決まった金額で利用できるということが出来れば月々の支出を経営の計画に入れやすくなり、また新たに機材を購入するよりも負担を軽くして利用することが出来るようになります。ですがここで注意しなくてはならないのが、レンタルにかかる費用が本当に毎月一定がどうかということです。一見するとレンタルなのだから費用が増減することは無いだろうというようにも思えるのですが、実はそうではないこともあります。

これはどういうことかというと、契約の内容によってはコピー機の利用回数によってカウンター料が請求されることがあるからです。カウンター料というのはカラーコピー一枚ごと、モノクロコピー一枚ごとのように決定される金額であり、カラーコピーの場合は20円前後、モノクロコピーの場合は5円前後が相場になります。金額だけを見れば安く見えますが、これが数百枚、数千枚というように印刷枚数が増えてくると無視できない物になってくるのです。現在ではこのカウンター料を請求せずに格安で利用できるようになっている業者も増えてきているのですが、しかしまだカウンター料を請求する業者が主流であることには変わりがありません。

このことを踏まえると、コピー機をレンタルで利用する際には必ず月々の印刷枚数を考え、料金を試算する必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする