コピー機をレンタルすることのメリットとデメリット

コピー機はOA機器の中でも利用頻度が高いものであり、現在でもオフィスではよく利用されるものになっています。これを利用する方法にはいくつかの種類があり、その方法の一つとなっているのがレンタルです。しかし自社で購入する、リースで利用すると言ったような方法もありますから、その中でレンタルという選択をするのであれば事前にメリットとデメリットを知っておく必要があるでしょう。ではまずメリットには何があるかというと、まず挙げられるのが「大手メーカーから調達するよりも安い」というところです。

コピー機は以前から利用されているものの価格はまだ高いと言わざるを得ず、新規で購入したり、リース契約をするとなるとかなり高額になります。調達コストを引き下げたいという場合には比較的価格の安いレンタルを利用するようにすると良いでしょう。また「途中解約が出来る」ということもメリットです。特にリース契約の場合は一度契約すると5~6年間、費用を支払いつづける必要があります。

ですがレンタルの場合は事前に設定された最低期間さえ終わればいつでも解約できるようになりますから、半年間だけ使いたい、一年間だけ使いたいと言った場合にも柔軟に対応してもらうことが出来ます。次にデメリットについてですが、まずコピー機が自社の物にならないということがデメリットです。あくまでも「借りている」というだけですから、何年利用しようともいつかは返却しなくてはなりません。勝手に持ち帰ったりしてしまうと利用者の買取などになってしまうこともありますから、この点は理解しておく必要があります。

また「機体の選択肢が少ない」こともデメリットです。事前に業者が持っている在庫から選択して借り入れることになりますから、メーカーや機能などにこだわりがある場合は購入、リースの方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする