建設現場ではレンタルのコピー機がお得です

コピー機は会社の中では欠かせない存在となっているOA機器ですが、業種などによりコピー機を会社の外で利用しなければならない会社も有ります。例えば、建設現場の事務所で利用する場合などでは、会社の外に持ち出すことになります。建設現場の事務所と言うのは、建築物が完成する前の間、プレハブ小屋のような建物を作り、現場の管理などを行う目的で一定期間の中だけ利用する事務所であり、建築物にもよりますが、数か月から1年と言った期間事務所が設営されます。この間も、仕事の中でコピーが必要になるわけですが、その都度コピー機を会社から持ち出していては、故障の原因にも繋がりますし、会社の中には数台の機械を導入しなければなりません。

この様なケースでは、リース契約などを行って利用するよりもレンタルを利用した方が得だと言われています。レンタルは利用する時だけ借りる事が出来るサービスであり、次の現場が決まるまでの間は利用する必要が無いのでコストもかかりません。しかし、リースの場合は使わない期間もリース料金を支払う事になるため、建設現場の事務所などではリースによる導入ではなくレンタルの方がコストが安くなると言われているのです。また、レンタルであれば建設現場の事務所まで業者の人が機械を運んでくれるなどのメリットが有りますし、使い終わった後も専門業者の人がコピー機を運んでくれるため、機械が故障すると言う事も無くなると言うメリットが有るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする