コピー機をレンタルするメリットについて

オフィスの中で使われているコピー機は業務には欠かせない存在です。どのように導入をしているのかはオフィスにより様々ですが、大半の会社はリース契約を行って導入をしているケースが多く、買い上げているのは少ないと言われています。また、一時的に展示会やセミナー、出店などを行う際にコピー機が必要になった時に利用するケースが多いのがレンタルです。レンタルは月額料金を支払う事で一定期間利用出来る便利なサービスであり、利用頻度が比較的少ない場合などに経費を削減できると言われているのです。

また、レンタルの場合はリースのように審査が無いため、設立したばかりの会社などにも便利なサービスです。この審査と言うのは、コピー機をリースで利用するにあたり、会社の信頼性などを確認し、契約を行っても安全な企業であるのか否かを確認する物です。創業が長い会社などの場合は実績も多数ありますので信頼性も高く、リースの審査も通り易くなります。しかし、設立したばかりの会社と言うのは過去の実績と言うものは有りませんので、リースでの審査に落ちてしまうケースが多いと言います。

そうなると、高額な費用を使ってコピー機を導入しなければならなくなると言うデメリット要素が生まれてくるわけです。その点、レンタルの場合は月額料金を支払うだけで、必要な期間の中でコピー機を導入することが出来ますし、その間に実績を作り上げることでリースでの審査に通る事も可能になると言うメリットがレンタルにはあるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする