リースなら高性能コピー機をオフィスに導入しやすい

どこの企業も業務を進めていくうちに膨大な量の帳簿書類が溜まっていくため、オフィス内に保管場所を確保することに苦労している経営者や担当者の方も多いと思います。また、その保管量が膨大過ぎる余りに資料として必要になった帳簿書類を探しづらいという問題があったと思うのですが、近年ではこれまで保存義務があった帳簿書類をデータとして残すことが可能になりました。そのため、データ化することで検索も簡単になるということで、今後はますます保管している帳簿書類をスキャンしてデータ化する企業も増えるはずです。そういったことから、これから起業することを考えている方であれば、自社オフィスにはスキャナー機能を搭載したコピー機を導入することをおすすめします。

ただ、コピー機は印刷速度などの性能の違いや年式、搭載している機能の数などによって価格に違いがあるのです。そして、スキャナーのように高い機能を搭載したコピー機の購入価格はかなり高額であるため、これから事業を始める方であれば絶対的にリースを活用した方が得策となります。購入する場合には一気に大きな額の費用を支払うことになるため、資金繰りに余裕がある企業でない限りは財政面で大きな負担となる可能性も高いですし、所有権が発生するため固定資産税の支払いはもちろんのこと、何かと面倒な減価償却の手続きも行わなければなりません。その点、リースの場合は毎月の使用料が必要となるものの低額であるため財政面での負担を小さく抑えることができますし、固定資産税や減価償却についても考える必要がないのです。

ですから、これから起業される方で仕事に役立つ高性能コピー機の導入を考えているのであれば、リースを活用することを強くおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする