コピー機をリースで使用しているオフィスは多い

コピーはオフィスでは不可欠な業務で、コピーに使用するコピー機はどのオフィスでも利用されています。しかし、コピー機は一台数十万円など、機能の高いものほど購入金額が高くなっており、オフィスなどで業務に使用するコピーマシンは高性能のものなどが必要とされています。しかし、オフィスで使用すると言っても、購入金額が高くなると導入が難しくなってしまうのは自然です。そんな時に、リースという方法を選ぶと、使用期間に応じたリース代を支払い、その費用は毎月一定になるので、購入するよりもお得度が高くなります。

機械は長く使用しているとだんだんと調子が悪くなってくるものでもあり、コピー機のリースはこうしたデメリットをカバーする方法として注目されています。リースで数年契約を結び、契約が終了すると一旦コピーマシンを返却し、また新たな契約を結ぶことで、新しいコピーマシンを常にオフィスに備えておくことができます。そうなると、新しいマシンを常に業務に使用できますし、調子が悪くなるリスクも少なくなり、メリットが多くなります。また、メンテナンスなどは貸してもらった会社が行うため、自身でメンテナンスをなどを行う必要がなく、その点もメリットです。

このような方法はメリットがたくさんあるので、いろいろなオフィスで取り入れられており、最もポピュラーな導入方法の一つになっています。そのため、リースでコピーマシンを使用しているオフィスがたくさんあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする