高価な業務用コピー機はリースで導入しよう

オフィスでは多くの書類が必要になりますが、その印刷やコピーのためには高性能な業務用コピー機は欠かせない存在です。業務用のコピー機はコピーだけではなくファックスやプリンタ、スキャナなど様々な機能を持っており、一台で様々な役割を果たしてくれます。導入しておくと、業務もよりスムーズになりますが、高性能な機器となると高額な費用が発生するものも多く、すぐには購入できないという場合もあります。より手軽に導入するのであれば、レンタルにも注目してみましょう。

この場合は、数日など短期間から気軽に導入できるのがメリットです。そのかわり、提供される機器は中古であること、そして長期間のレンタルとなるとレンタル料金が高くなるということは理解しておきましょう。長期間、コピー機を利用したいのであればレンタルよりリースがおすすめです。リースを利用するメリットとしては、機器を一括購入するための設備投資費が必要ないということがあげられます。

そして、レンタルとは違い、新品の機器から好きなものを選べるのもメリットです。リース料は毎月発生しますが税法上全額経費とし手処理することができます。所有権はリース会社にありますので、固定資産税も発生しませんし減価償却の手続きも必要ありません。保険が適用されるので、もしも災害や盗難にあった場合も補償がされるというのも安心感があります。

総額では購入よりも高くなってしまいますが、毎月の負担は少なくすみますし、短期間で新しい機器に変えたい場合にも向いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする