コピー機はリースがお得です

ビジネスに必要不可欠なコピー機は、リースで使うとお得になります。単に費用を抑えるだけなら中古の物を購入する方法もありますが、型が古くて機能が足りないことがあります。リースであれば最新型を利用できるので、機能が物足りないという心配はありません。コピー機の購入に必要な多額の資金の準備も不要で、毎月一定の料金を支払うだけで済みます。

購入による資金の固定化を防いで運転資金として留保できるだけでなく、その資金を基に利益を生み出すことに使えます。リース料金は、税法上認められた期間であれば全額を経費として扱うことができます。毎月の金額が決まっているので、ランニングコストを把握しやすくなります。固定資産にならないので、減価償却での面倒な計算や固定資産税の支払いが不要になり、決算や申告の時の労力が減ります。

購入する場合資金調達や償却事務、諸税の申告と納付や保険の手続きなどの面倒な事務処理があります。リース会社にこれら全ての事務処理を任せることで、事務の合理化や効率化を図ることが出来ます。購入する時の銀行などからの借り入れに比べると、審査が簡略化されているので比較的気軽に申し込めます。技術が急速に進む現在、法定耐用年数と実質経済耐用年数に差があるので、導入した物が陳腐化する可能性があります。

リースを利用すれば常に最新の製品を使用することが出来るので、機械や設備の陳腐化を防げます。コピー機を廃棄する時も自分たちでする必要がなく、破棄物処理法や薬事法などに則った処分を任せることが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする