コピー機でリースを利用する上での注意点

企業でも個人事業主であっても仕事で利用する機器の1つに、コピー機は欠かせないアイテムの1つとなっています。純粋にコピーするだけでなくFAXやスキャナといった搭載機能があるタイプであれば、様々な活用する事が可能です。実際に導入する際は購入するのではなく、よりコストを抑えるのであればリースとしての活用方法もあります。ただしコピー機をリースで活用する場合はメリットだけでなく、しっかりと注意点も把握しておく事が大切です。

まずリースの平均的な契約期間は3年から6年と長期的なタイプが多く、長期的に利用する際にはおすすめな活用方法です。ただし途中で解約する事は出来ないので、年単位の契約では使用する年数をしっかり把握したうえで契約する事が重要になります。途中で解約を行う場合は当初契約した契約期間内の費用の支払いが発生するので、やはり途中解約は考えずに利用するようにする事が大切です。またコピー機を長期的に利用する事になるので、契約する上で審査が必要になります。

長期間の支払い能力がチェックされるので、場合によっては審査が通らない場合もあります。また実際に選べる用品自体は新商品になるので、中古車など古いタイプの物を利用する事が出来ないというのもポイントの1つです。また長期契約を行った場合は最終的にはコピー機を購入した時の費用よりも割高になる事が多いので、月々の支払いを抑えたい場合や管理を簡単にしたいといった理由を優先する時に活用する事が重要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする