コピー機のレンタルを利用するシーン

企業のオフィスなどで使うコピー機は、多くの場合サービス会社からリース契約で借りています。リースというのは2年ほどの期間を区切ってレンタルする方法ですが、もともと高額な設備である事と、メンテナンスが付きものだという関係でコピー機はリース契約が当たり前になっています。しかし場合によってはリースしにくい環境も存在します。それは短期間だけ活動するチームなどで、プログラマーを集めて借りた一部屋で3か月ほど作業するといった場合です。

電源やネット回線は用意するとして、ノートパソコンを持ち込んでもこういった場合にコピー機が必要になります。しかしリースでは3か月の契約はなかなか難しいですし、購入するとナルト100万円近くの高額設備です。そこでレンタルする事で問題を解決出来ます。コピー機のレンタルサービスも広く行われており、3か月と言わず1日や2日でもレンタル可能です。

通常の借り方と同様に消耗品の準備や設置も行ってくれるため、気兼ねなく利用出来るのです。こういったサービスは例えば臨時の出張所や、展示会等一時的にしか利用しない物のコピー機は欲しい、といった場合に広く使われています。極端に安いという訳ではないですが、リースや購入よりは遥かにリーズナブルな価格で利用出来るため、多くの企業で活用されています。パソコンが主流になっているとはいえ、結局プリントアウトして紙で決済したりファイリングしたりするのは、まだまだなくなりません。

コピー機のレンタルのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする