コピー機はレンタルで使う

戦後の日本社会には高度成長期もあって様々な精密機械が導入されましたが、その中でもコピー機の導入はいたるところで行われました。大企業や中小企業はもちろんのこと、小売業者の店舗にも導入されて仕事の効率が上がり、事務手続きが大幅に時間短縮され、それまでは手書きで文章や納品書収支報告書などを作成していたのですが、一枚だけたたき台としての用紙を作成すれば、あとはコピー機が仕事を引き受けてくれて数分のうちに何十枚でも同じ内容の用紙を印刷することが出来るようになったのです。しかしながら、コピー機は精密機械ですので専門的な知識のない人間ではトラブルが発生した時に対応が出来ませんし、マニュアルを読んでもちんぷんかんぷんという場面が多発したのでした。そこで機械の業者では専属のスタッフをその店舗の担当者として任命し、メンテナンスなどの作業を一括して任せるシステムを考案しました。

これをレンタルで行うことで顧客との交流が生まれ、定期的に訪問をしてインクの残量や機械のトラブルをその場で解決できるようになりました。レンタルですので借りている側も負担が少なく、電話一本で対応してくれるので安心感もあり、急な紙詰まりや簡単なエラーだと電話での相談だけで済むこともあり心強いシステムとなっているのです。企業の規模の拡大や設置台数を増加したいといった場合にもレンタルですので、それまで借りていた機械を返却してすぐ次の句会を導入することが可能なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする